札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2018年11月08日

テーマ:企業間の格差は商品ではなく、サービスの質で決まります!

1.顧客サービスの質の管理ができれば ⇒ 企業間格差は商品ではなく、サービスの質で決まります。

2.サービスの質で管理体制ができれば ⇒ 顧客の満足 ⇒ 売上の向上と差別化になります。

3.気付いて頂きたいこと。
・サービス > 商品
・成熟期は「商品戦略」よりも「市場戦略」を優先します。

4.消費者から見て商品の違いが分かり難くなり、商品戦略が難しくなりました。
・サービスの質 ⇒ 企業の格差
・安値販売 ⇒ 利益の格差
・サービスが難しくて出来ない ⇒ お客様の不安・悩み・心配・問題・要求を知ろうとしないからです。
・お客様の不安・悩み・心配・問題・要求に商売の基本を置きます。

5.顧客情報の社内一元化と共有
・顧客情報の一元化 ⇒ 部門間を通じて社員誰でもが顧客の顔を見て対応できる ⇒ 社員の気持ちと行動が一元化できる ⇒ 顧客管理からお客様満足が発生してくる。
・顧客情報の放置散乱消滅(営業社員の机や手帳の中にある) ⇒ 顧客の顔が見えない。次の打つ一手が見えていない。顧客満足にはいつも無関心である。

【開催日】 2018年11月30日(金) 13:30~15:00

【開催地】 札幌市民ホール 第6会議室(札幌市中央区北1条西1丁目)

【受講料】 お一人様 1,000円(税込)/当日受付にてお支払いください。

【講師】はまなす労務サポートステーション理事 本間 賢一(NPO法人ランチェスター協会 認定登録講師、北海道ニュービジネス協議会理事)

【定員】先着10名様まで

【お申込み】https://www.itpluslab.com/seminar/

【ご注意】 必ずお申込みの上ご参加下さい。資料準備の都合上、欠席される場合は、前日までに必ずご連絡ください。
投稿者:めだかの学校