札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2019年02月26日

岩見沢農業高校でスマート農業人材育成事業を実施しました~先端技術、科学的データの活用により水稲の収穫量が改善~

経済産業省北海道経済産業局は、岩見沢農業高校生徒が、同校の水稲圃場にてリモートセンシングを活用した栽培実証を行うスマート農業人材育成事業を、ヤンマーアグリジャパン(株)北海道支社をはじめ関係機関の協力を得て実施しました。

■背景
 当局では、北海道の「食」関連産業の稼ぐ力の向上のために、「食の生産性向上」を推進しています。
 この一環で、IT活用等による生産技術を取り入れた農業経営人材育成を推進している岩見沢農業高校のスマート農業人材育成の取組を、モデル事業として実施しました。
 本モデル事業は、リモートセンシング技術が普及するなかで、生育状況の解析結果を営農に反映させることを重視し、生徒自らが栽培方法を検討し実証を行うことで、農業のスマート化の推進とコスト感覚に優れた農業経営人材の育成を目指すものです。

■実施概要
【事業期間】
平成30年7月~12月
【場所】
岩見沢農業高校
【参加者】
岩見沢農業高校農業科学科生徒
【主催】
経済産業省北海道経済産業局、中小企業基盤整備機構北海道本部
【共催】
いわみざわ地域ICT(GNSS等)農業利活用研究会
【協力】
ヤンマーアグリジャパン(株)北海道支社

経済産業省北海道経済産業局 産業部 農商工連携課
TEL.011-709-2311
内線:2593,2594,2598,2599
FAX.011-709-2566

詳しくは、http://www.hkd.meti.go.jp/hoksn/20190226_2/index.htm?rss=true&date=20190226
投稿者:RSS自動巡回

この記事についているタグ