札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2008年11月10日

『木質バイオマススターリングエンジン』

 スタ-リングエンジンは、液体、気体、固体など、どのような形態の燃料でも使用で
きます。最近では炭酸ガス排出量がゼロである木質燃料が注目されており、木質燃料に
よるスターリングエンジンが盛んに各国で研究開発されています。道内でも北海道大学
の研究者らが設立したベンチャー企業の(株)NRC(自然エネルギー研究センター)が、
NEDOの補助金を受けて研究開発しており、当場も技術指導等で支援しています。
 この研究で開発するエンジンは、400~600℃の低温度、10気圧以下の低圧力で作動す
るのが特徴です。国内外における電力が不足している地域、特に東南アジアで大きなバ
イオマス賦存量があるが電力不足の地域で、分散型バイオマス用コージェネレーション
用のエンジンとしての販売を予定しています。
(このシステムの記事が、8月28日の毎日新聞に掲載されました。)

 ▼ 詳しい内容はこちら!
http://www.hokkaido-iri.go.jp/topics/2008/bio-1105.pdf

北海道立工業試験場 連携推進室 & 技術支援センター技術支援課
 E-mail:info@hokkaido-iri.go.jp
 メールマガジンホームページ:
 http://www.hokkaido-iri.go.jp/mail_maga/mailmaga_index.htm
投稿者:北海道立工業試験場