札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2019年06月03日

ワークショップ「ME & FUTURE 2050 ~2050年の未来を予測する~」

未来の自分やビジネスビジョンを考える「ビジョン形成」ワークショップを昨年度に引き続き開催します。

今後、急激に変化する時代環境のなか、創造的なビジネスを創出していくためには、既存のアイディアや事業のルーティン、営業手法にとらわれることなく、未来を見据えた自由な発想で価値を創出していくことが求められます。
そのためにも、今の自分を見つめ直し、自身が向かっていきたい方向を定め、実際のビジネスとして孵化させるための考え方を学びませんか?

今回実施する「未来ビジョン策定プログラム」とは、事業企画の第一歩である将来予測を行う手法です。
本プログラムは、世界で第一人者的存在である米国のIFTF(未来研究所)と共同開発されたプログラムであり、
取り扱う領域が、通信、医療、教育、バイオテクノロジー等多岐にわたるなか、
日本国内向けにローカライズされたことにより、日本文化や慣習を踏まえた日本人向けのスキームとなっております。
(本プログラムの導入・活用実績例:富士通株式会社/KDDI株式会社/カルビー株式会社/Panasonic株式会社/豊田通商株式会社/三井住友海上火災保険株式会社など)

ワークショップでは、ニュースやトレンドなどから、今何が起きているのかを抽出し、未来のアクションを考察します。
世の中に求められるヒト・モノ・コトなどを多角的に捉え、自身の今後の取り組みを実際に計画するプログラムです。
興味のある方ならどなたでも参加できます。
※昨年度は、大学生、クリエイター(個人、法人)、ものづくり系事業者、メディア関係者、公務員、その他経営者、本ワークショップにご興味のある方、新規事業をお考えの方など、様々なジャンル、立場の方にご参加いただきました。

<開催概要>
ワークショップは、2日間のセッションと、途中、ワークショップを振り返る交流ミーティング、そして最後に、案件化に向けた具体的なアクションを計画するアクションプランニングまでとなっており、ただ考えるだけではなく、オリジナルカードやテキストを使いながら今後の取り組みを実際に計画していくところまでをゴールとしています。

日程:
【セッション Day1、Day2】2019年7月6日(土)7日(日)9:30-17:00(9:00集合)
【振り返りミーティング】2019年7月19日(金)18:30-21:00(18:00集合)
【セッション Day3】2019年8月3日(土)9:30-17:00(9:00集合)

場所:インタークロス・クリエイティブ・センター
(札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1 札幌市産業振興センター内)

定員:20名(定員になり次第締切となります)

参加費:10,000円
※お弁当、懇親会費、テキスト印刷代、その他材料費含む

主催:インタークロス・クリエイティブ・センター
運営及び協力:CROSS Business Producers株式会社
特別協力:NoMaps実行委員会

申込の流れ:
1.下記URL内の申込フォームよりお申込みください。
http://y.bmd.jp/bm/p/aa/fw.php?d=70&i=icc_jp&c=19&n=885
2.申込の受付完了メール(自動返信)が届きます。
3.自動返信メールでご案内した振込口座に参加費をお振込みください。

<プログラム>※プログラムは、スケジュール内で変更する場合もございます。
【セッション Day1】
2019年7月6日(土曜日)9:30-17:00(9:00開場)
(シグナル討議、有識者によるゲスト講演、クラスタリング/キーワード抽出、未来シナリオ作成など)

【セッション Day2】
2019年7月7日(日曜日)9:30-17:00(9:00開場)
(フィールドワーク、自己ビジョン形成、アクションプランニング、ビジョンの総括など)

【振り返りミーティング】
2019年7月19日(金曜日)18:30-21:00(18時開場)
(セッションの振り返り、今後のプラン作成、交流会)

【セッション Day3】
2019年8月3日(土曜日)9:30-17:00(9:00開場)
(ビジネスプランニング、セッション実施、ビジネスプラン検討、アクションプランニング、メンタリングなど)

<ゲスト>
■高野達成(たかの たつなり)氏【7/6or7 参加日調整中】
英治出版株式会社 編集長
大分県佐伯市出身。九州大学法学部卒業後、日本銀行勤務を経て2005年に当時社員3人の英治出版へ転職。
経営企画、ビジネス書や社会書の企画・編集を担当。編集者としての担当書は『国をつくるという仕事』
『世界の経営学者はいま何を考えているのか』『学習する組織』など。
英治出版公式サイト http://www.eijipress.co.jp/

■尾崎満範(おざき みつのり)氏【7/6,7参加】
グラフィックデザイナー・フードライター・指道家
紋別市出身
デザインスタジオ・オザキ(32周年)/代表
○フリーペーパーkutta編集長
○kutta倶楽部主宰
○北海道フードダイバーシティ協議会・副会長
○北海道旭川高等技術専門学院・講師
○旭川広告デザイン協議会・会員
【主な執筆】
○北海道新聞フリーペーパーななかまど/旭川ミニぐるめ情報執筆・制作(毎週)
○北海道発掘マガジンJP01/kutta編集長セレクション執筆・制作(年4回)
○読売新聞フリーペーパーあざれ/グルメ情報定期執筆・制作
○北海道じゃらん/グルメ情報執筆・画像提供(不定期)
○エアドゥ機内誌rapora/執筆・画像提供(スロウ編集部からの依頼)

幼い頃から化学調味料や食品添加物が苦手で、食材のコンディションや調味料の品質に敏感だった。
グラフィックデザイナーとして観光パンフレットを長く手がけ、各地のグルメや生産の現場の裏表を学ぶ。
2002年にフリーペーパー「ななかまど」のコラム、「旭川ミニぐるめ情報」の執筆を開始し自然派のフードライターとしてポジションを確立。

<ファシリテーター>
CROSS Business Producers
Producer
代表取締役 三木 言葉(Kotoba MIKI)

日本企業の"変革"をテーマに、新規事業創出プロセス策定、セッション企画、実案件具現化のための実弾ネタ投入などBusiness Produce活動の全般を担当。
世界30か国の事業担当経験を踏まえ、国際市場における戦略立案、現地パートナーシップ対象抽出・DD、実行チーム設計、人材採用、事業スキーム締結(法人立上)などに経験保有。
NTTグループ、NHK、富士通をはじめ、通信・メディア、IT領域の案件に実績多数。
投稿者:一般財団法人 さっぽろ産業振興財団