札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2019年06月05日

テーマ:「インナーワーク」 - 企業経営に応用されたコーチングのルーツを学ぼう -

ティモシー・ガルウェイというテニス・コーチが、ある時、欠点を指摘された生徒の動作がぎこちなくなり、矯正どころか、前にはできていたことさえもできなくなってしまうことに気づきました。何かひとつのことが気になりだすと、集中できなくなり、本番の試合中でも頻繁にプレーが乱れます。

彼はこの現象を実際にコートの上で相手と戦っている「アウターゲーム」のほかに、選手が自分の心の中で戦っている「インナーゲーム」が存在すると考えました。彼の主張した「インナーゲーム」の考え方は「インナーワーク」として企業経営に応用され、コーチングのルーツになっています。

そこで、今回のめだかの学校では「インナーワーク」をテーマに、コーチングの原点について知識を深めてみたいと思います。

■人間の心の中にある欲求ピラミッド

■何も考えないとき、人は最高の力を発揮できる。

■心の中にいる二人の自分、評価・命令する自分(セルフ1)と潜在能力を発揮する自分(セルフ2)

■集中は興味から生まれる。(集中力のメカニズム)

■楽しんで仕事した時ほど結果は良く、周囲への貢献度も高い。

■自分の環境を信頼できなければ、自分の能力もその限界も認識できない。

【開催日】 2019年6月21日(木) 13:30~15:00

【開催地】 札幌市民ホール 第3会議室(札幌市中央区北1条西1丁目)MAP

【受講料】 お一人様 1,000円(税込)/当日受付にてお支払いください。

【講師】 IT plus Lab. 菊田 幸明(はまなす労務サポートステーション専任講師、工学博士)

【定員】 先着10名様まで

【お申込み】https://www.itpluslab.com/seminar/

【ご注意】 必ずお申込みの上ご参加下さい。資料準備の都合上、欠席される場合は、前日までに必ずご連絡ください。
投稿者:めだかの学校