札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2009年01月06日

「第3回ものづくり日本大賞」 受賞候補者の公募について

このたび、我が国産業・文化を支えてきた「ものづくり」を継承・発展させるため、ものづくりを支える人材の意欲を高め、その存在を広く社会に伝えることを目的に、「第3回ものづくり日本大賞」を実施いたします。
本制度は、平成17年に政府が総理大臣表彰制度として創設したもので、製造・生産現場の中核を担う中堅人材、伝統的・文化的な技を支えてきた熟練人材及び将来を担う若年人材など、「ものづくり」について特に優秀と認められる人材に対し、内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞等を授与するものです。
1.募集期間

平成21年1月5日(月)~平成21年3月6日(金)まで(必着)
2.表彰の対象分野

(1)製造・生産プロセス部門
生産技術の抜本的効率化など、製造・生産工程において画期的なシステムや手法の開発・導入によって生産革命を実現させた個人又はグループを表彰します。
(2)製品・技術開発部門
高度な技術的課題を克服し、従来にない画期的な製品・部品や生産技術の開発・実用化を実現させた個人又はグループを表彰します。
(3)伝統技術の応用部門
伝統的な技術の工夫や応用によって、革新的・先進的な製品・部品や生産技術の開発・実用化を実現させた個人又はグループを表彰します。
(4)海外展開部門
日本の製造・生産プロセス、製品・技術開発及び伝統技術を東アジア諸国で展開し、現地日系企業の生産性向上や市場拡大に貢献した、日系企業に勤める個人又はグループを表彰します。
(5)青少年支援部門
若年ものづくり人材(学生・生徒)の育成支援に積極的に取り組んでいる企業、NPO等のうち、その活動が目覚ましいと認められる企業、NPO等を表彰します。

3.応募方法

応募にあたっては、所定の応募書類を作成していただく必要があります。応募は候補者本人が行うのではなく、候補者を推薦する方(推薦者)が2名の賛同を得て、申請して下さい。候補者本人による申請は認められません。

※企業の経営者が自社の社員を推薦する申請や、またその逆も可能です。詳しくは、ものづくり日本大賞応募専用ホームページでご確認下さい。

応募書類は、ものづくり日本大賞応募専用ウェブサイトからダウンロードして下さい。

(1) 応募書類の種類
ワードファイル
(2)応募書類の提出
応募書類に必要事項を記入の上、郵送(簡易書留か宅急便)又は電子メールにて送付してください。

1. 「製造・生産プロセス部門」、「製品・技術開発部門」、「伝統的技術の応用部門」、「青少年支援部門」は、経済産業省北海道経済産業局製造産業課宛。
2. 「海外展開部門」は、経済産業省 製造産業局 参事官室 宛。

4.問い合わせ先

経済産業省 北海道経済産業局 製造産業課
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎
(電話)011-709-2311(内線)2570又は2571
(FAX)011-707-5324
(E-mail)hok-monozukuritaisho@meti.go.jp
(株)北海道二十一世紀総合研究所(募集業務の委託先)
〒060-8640 札幌市中央区南2条西5丁目10-2
(電話)011-231-3053
(FAX)011-231-3143
(E-mail)monotaisho@htri.co.jp
経済産業省 製造産業局 参事官室
〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1
(電話)03-3501-1689
(FAX)03-3501-6588
(E-mail)monozukuri-nihontaisho@meti.go.jp

5.今後のスケジュール

* 1月5日~3月6日/募集期間
* 4月~6月/選考有識者会議による審査、受賞者の決定
* 7月/受賞者の発表、表彰式

詳しくは http://www.hkd.meti.go.jp/hokis/monojapan_3nd/index.htm?rss=true&date=20090105

経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 製造産業課
TEL.011-709-2311|内線:2570~2571|FAX.011-707-5324
E-mail:hokkaido-seizo@meti.go.jp
投稿者:北海道経済産業局 製造産業課