札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2021年07月01日

【AOTSからのお知らせ】日本政府補助金利用によるICTやデジタル技術を活用したオンライン研修/指導の導入に関するガイダンス(オンライン開催)のご案内について

=======================================================
▼▽遠隔ツール使ってみませんか?▽▼
◆AOTS オンラインガイダンス◆
- ニューノーマルな人材育成サポートツールのご紹介 -
=======================================================
一般財団法人海外産業人材育成協会(AOTS)では、2021年度(令和3年度) 日本政府補助金適用による、新興国の現地産業人材育成の支援を目的とした案件募集型の海外研修・寄附講座・専門家派遣・受入研修(訪日研修)を実施しております。

2021年6月現在、各国とも新型コロナウイルスの影響を受け、海外渡航を伴う訪日研修や、海外の現場での対面指導が困難な状況にあります。こうした背景からオンラインでの研修や指導の実施・継続が推奨され、オンライン指導導入に係る経費の一部にも日本政府補助金が適用されることになっております。
つきましては、オンラインによる海外の人材育成の取り組みを支援するため、AOTSではオンラインでの指導に有用なツールやサービスに関するガイダンスを開催する運びとなりました。既にWeb会議ツールやオンライン教材を用いた研修を開始している企業の皆様にも、さらなる研修の充実・現場指導の効率化のヒントとしてご活用いただけますと幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。なお、海外からもご参加いただけますので、開発途上国等に所在の関係先へもご案内ください。

[日時及び内容]
第1回 日時: 2021年7月20日(火) 15時00分 ~ 16時45分 (日本時間)
第2回 日時: 2021年8月24日(火) 15時00分 ~ 16時45分 (日本時間)
第3回 日時: 2021年9月15日(水) 15時00分 ~ 16時45分 (日本時間)

内容: 各回ご紹介する内容は異なります。
以下の項目に係るツールやサービスの提供事業者2社/回にご登壇頂きます。
・スマートグラス ・教材の配信・学習管理システム
・アイトラッキング ・教材制作サービスまたは教材制作支援ツール
・360°カメラ ・作業分析/現場改善ツール
・効果測定分析 ・学習活動支援ツール
・オンライン実施のコンサルティング
・オンラインでの研修または現場指導の導入事例

※ 紹介内容・登壇者が確定しましたら、お申込み頂いた方に都度メールにてご連絡します。
また、AOTSのHPの本オンラインガイダンスの開催案内の情報を更新致します。
https://www.aots.jp/news/notice/2021-07-01/(7月1日以降随時更新)をご確認ください。

[形式] Zoomを利用して実施します。
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html
※参加申込者へ、アクセス方法を別途メールでご案内いたします。
[定員] 各回100名
[参加費] 無料
[参加申込] 以下URLのお申込みフォームより必要事項を記入の上お申込みください。
申込フォームURL:https://forms.gle/pLoHFbYMGagsYkpf8
(なお、本参加申込みフォームはGoogleフォームを利用しております。)

[申込締切]
第1回目: 2021年7月16日(金)12時00分まで(日本時間)
第2回目: 2021年8月20日(金)12時00分まで(日本時間)
第3回目: 2021年9月13日(月)12時00分まで(日本時間)

■お問合せ先
AOTS 企業連携部 研修・派遣業務グループ(担当:和田、宮本、櫻井)
TEL:+81-3-3888-8221
Email: kigyo-inquiry-az@aots.jp

■(ご参考)各スキームの概略
1.案件募集型海外研修
[概要]
「案件募集型海外研修」は、AOTSが日本の企業や産業団体及び海外の日系企業等から案件を
募集し、応募企業や団体等が主体となり日本国外で実施する研修です。
日本の親会社等の社員(技術者等)の指導により、海外日系企業等で必要とされる基礎的
または専門的な技術や知識について、短期間で多くの現地人材(現地従業員等)を教育し
たい場合に非常に有効です。
研修実施に要する経費の一部を日本政府補助金により賄うことが可能です。
オンライン指導による研修にも適用可能です。
[詳細]
https://www.aots.jp/hrd/technology-transfer/management/overseas/category1/

2.寄附講座事業
[概要]
「寄附講座事業」は、開発途上国の現地大学等において講座を開設し、更に必要に応じて
その受講生の一部にインターンシップを提供しようとする日本企業又は海外日系企業から
の申請に基づき実施する事業です。
受講生が講座やインターンシップを通じて日本企業又は海外日系企業で求められる能力を
向上させるとともに、日本企業又は海外日系企業への就職につなげることを、企図してい
ます。
講座やインターンシップの実施経費の一部を日本政府補助金により賄うことが可能です。
講座はオンラインによる指導にも適用可能で、インターンシップの実施は任意です。
[詳細]
https://www.aots.jp/hrd/technology-transfer/endowed-program/
[応募締切]
第4次募集締切:2021年7月5日(月)(締切日消印有効)
第5次募集締切:2021年8月2日(月)(締切日消印有効)
第6次募集締切:2021年9月6日(月)(締切日消印有効)
※予算に余裕がある場合、以降毎月第一月曜日を締切として、応募受付を継続致します。

3.専門家派遣
[概要]
「専門家派遣」は、開発途上国に所在する日系企業等(「指導先企業」)に対し、出資または取引関係にある日本の企業等(「派遣元企業」)の従業員を、弊協会の専門家として派遣し、技術指導や人材育成を行うものです。派遣元となる日本企業からの申請により実施します。
専門家派遣の経費の一部を日本政府補助金により賄うことが可能です。
日本からのオンラインによる技術指導も可能です。
[詳細]
https://www.aots.jp/hrd/technology-transfer/edp/

4.受入研修:技術研修(日本での研修)
[概要]
「技術研修」は、開発途上国に所在する企業等(日本の民間企業の全額出資先企業や合弁先企業、生産委託先や販売代理店等)の中核社員等を研修生として日本に受け入れて、弊協会の研修センターで行う「一般研修」と日本の関係先企業等(日本の出資元企業や取引先企業等)において行う「実地研修」との組み合わせで行う研修です。
研修生の日本滞在費や研修実施経費の一部を日本政府補助金により賄うことが可能です。
ご利用の際には、日本の関係先企業等を通じてお申込み頂くことになります。
[詳細]
https://www.aots.jp/hrd/technology-transfer/receiving/
投稿者:一般財団法人 海外産業人材育成協会