札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2009年07月31日

平成21年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポーティング・インダストリー)の採択について

北海道経済産業局では、平成21年度戦略的基盤技術高度化支援事業(※)について、3件の事業を新規採択しましたので、お知らせいたします。
具体的には、耐熱・耐摩耗鋳鋼の製造技術開発(工作機械関連分野)、植物性樹脂原料の量産技術開発(化学工業関連分野)、後工程処理後における不良現象を抑制する熱処理技術開発(自動車関連分野)を採択しました。

* 採択案件の概要
これらのプロジェクトは、地場中小企業が川下企業の具体的なニーズに対応し、基盤技術の強化を図る研究開発であり、道内ものづくり産業の拡大・発展に貢献するものと期待されます。

応募
12件 ※全国:200件
採択
3件 ※全国:44件
* 全国の採択状況(中小企業庁のウェブサイト)
工作機械関連分野
計画名:
耐摩耗性・耐熱性の向上に資する鋳造技術の開発
(耐熱・耐摩耗鋳鋼の製造技術開発)
研究実施者:
佐藤鋳工(株)ほか1者
化学工業関連分野
計画名:
北海道産非可食原料(糖蜜)からのポリL-乳酸改質に対応した高品質発酵D-乳酸の量産(発酵・精製)技術の開発
(植物性樹脂原料の量産技術開発)
研究実施者:
(株)アグリバイオインダストリほか4者
自動車関連分野
計画名:
熱処理の後工程処理後における変寸のばらつきを低減する熱処理技術の開発
(後工程処理後における不良現象を抑制する熱処理技術開発)
研究実施者:
室蘭ヒート(株)ほか2者
※戦略的基盤技術高度化支援事業(PDF形式/169KB)
本事業は、特定ものづくり基盤技術高度化指針に沿って策定され、各経済産業局に認定を受けた研究開発計画を対象とした、研究開発支援事業(委託研究開発)です。
サポーティング・インダストリーと呼ばれる「ものづくり基盤産業(金型、鍛造、熱処理、めっき、溶射等)」の高度化に資する研究開発等を促進することを目的としています。
研究開発期間は2年度もしくは3年度で、1件あたり4千500万円が上限です。


詳しくは、http://www.hkd.meti.go.jp/hokis/h21koudoka/result.htm?rss=true&date=20090731



経済産業省北海道経済産業局 地域経済部 製造産業課
TEL.011-709-2311|内線:2570~2571|FAX.011-707-5324
E-mail:hokkaido-seizo@meti.go.jp
投稿者:RSS自動巡回