札幌の企業・団体から

  • 投稿はこちら
  • 一覧表示
  • タグの表示
  • イベントカレンダー

記事詳細

2009年12月25日

【予告】平成22年度「福祉用具実用化開発推進事業」に係る助成事業の公募について

1.事業の名称
 「福祉用具実用化開発推進事業」

2.事業の概要
 福祉用具は、高齢者や障がい者がユーザーであり、使用用途や身体の障害度合いが人によって異なるなどの理由により個々のマーケットが小さく多品種少量生産となっています。このため、事業者にとっては総コストに占める開発コストの比率が高くなり、企業活動に伴うリスクの中で開発時のリスクが大きなウェイトを占めています。また、福祉用具メーカーの多くは中小企業であり、経営基盤が脆弱な中で技術開発への投資が大きな負担となっています。したがって、福祉用具の実用化を促進するためには、開発時のリスクを軽減することを目的として助成金による支援が必要です。本助成事業は、福祉用具の開発を行う企業等に対し助成金を交付することにより、福祉用具の実用化開発を推進し、高齢者、心身障がい者及び介護者の生活の質(QOL:Quality of Life)を向上することに資するものです。

3.公募期間(予定)
 平成22年1月初旬から2ヶ月程度

問い合わせ先
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
機械システム技術開発部 八木、齊藤、菅
〒212-8554
神奈川県川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー 19F
TEL:044-520-5240 FAX:044-520-5243


詳しくは、https://app3.infoc.nedo.go.jp/informations/koubo/koubo/EP/nedokoubo.2009-10-19.1260697182/
投稿者:提供情報掲載